眉毛のアートメイクを受けた時のダウンタイム

眉毛のアートメイクのカウンセリングと施術を受けてみました

自宅近くで施術を行ってくれる場所を探した眉毛のアートメイクのカウンセリングと施術を受けてみました痒みを我慢するのは少ししんどかった

口コミ評価などを参考にして、信頼の置けるところで眉毛のアートメイクのカウンセリングと施術を受けてみました。
カウンセリングの際にはこの施術は眉毛部分に傷がついている状態なので、1週間はダウンタイムとして少々痛みや痒み、腫れを感じる可能性があるという注意点や、ダウンタイム中は注入したインクが肌に完璧に馴染んでいない状態なので、インクが取れてしまう可能性があることなどを聞いた上で、実際に施術を受けることになりました。
術後の見た目は特に腫れや痒みなどは起こらず、アートメイク自体も濃い状態になると説明を受けていましたが濃すぎず自然な美しい眉のラインを維持することが出来ていたので本当に感動しました。
すっぴんの状態でも眉はしっかりキレイな状態で完成されているので、ちょっと外出したい時でもフルメイクをする手間がかからず見ずに濡れても理想のデザイン眉が維持できることが嬉しかったです。
赤みもなく腫れも違和感もなかったので、このままダウンタイムの心配は無いのではと感じていましたが、やはり施術自体は皮膚に傷を付けてインクを注入する方法なので、触ってしまうと痛みを感じました。

眉アートメイク2回目の仕上げ
行ってきたあ💆‍♀️✨
形めたんこ綺麗でうれしい🥺
ダウンタイムの眉濃い1週間を耐えたら
1年は最高な眉ついに完成だ〜🙌🏻💕

メイクしてなくても眉あるって
幸せ過ぎて羽ばたけちゃう👼 pic.twitter.com/miGsLTGu2A

— 美南衣里スリジエ月組 「スリジエ3rdワンマンKT Zepp Yokohama」 (@373eri373) September 6, 2021